「編集権限」ボタンをクリックすることで、作成した図形や文字、切り取った写真などに、生徒が移動や回転などができる権限を付加することができます。
この機能を使うことで、ムーブパーツ(動く教材)を簡単に作ることができます。

※編集権限の設定をした場合、レイヤー機能での設定に関わらずオブジェクトは最前面に配置されます。

■使い方

オブジェクト選択後に表示される編集ツールバー内にボタンがあります。編集権限は「編集権限なし」「編集可」の2つから選べます。

この機能を使った活用例(スクールタクトブログへ移動)

回答が見つかりましたか?