▼ 全体の流れ

1. 事前に振り返りシートやQ&Aシートを配布する

以下の項目を揃えたフレームワークを用意すると、振り返りに活用いただけます。
・この座学から得たいこと(座学が始まる前に記入)
・今日の学びや気づき
・聞いてみたいこと
など。
また質問のみ書けるQ&Aシートを課題として配布することもおすすめします。

2. 座学中は先生の画面を共有する

画面を共有すると、その画面が全員の Zoom に表示されます。画面共有方法はこちらの Zoom のヘルプをご覧ください。

3. 投票機能や「わかった・わからない」機能を使う

座学の途中で簡単なクイズを実施したい場合、生徒のフィードバックをもらいたい場合、理解度を把握したい場合場合は、以下の schoolTakt 機能を活用しましょう。

・投票機能

2択のマルバツ投票や4択投票を授業中に行うことが可能です。詳しくはこちら

・わかった・わからない機能

生徒が自分のキャンバスの「わかった」「わからない」ボタンを押すと、ボタンを押した生徒のキャンバスが「緑(わかった)」または「赤(わからない)」で囲まれ、数値も表示されます。

4. 座学終了後に振り返りをする

授業の区切りや次回の授業の最初に「1」の振り返りシートを活用し、生徒とQ&Aを実施しましょう。

またこの時間は振り返りシートを [共同閲覧モード] に設定しておくと、生徒がお互いの回答を見てフィードバックしあうことができます。

回答が見つかりましたか?