すべてのコレクション
授業前の準備
授業作成・編集
学習指導要領に対応した単元を作成する
学習指導要領に対応した単元を作成する
一週間前以上前にアップデートされました

学習指導要領に対応したスクールタクトオリジナルの単元を、授業作成時に自動作成できます。

単元と公式課題テンプレートが紐づいており、単元に対応した課題の作成が簡易化されます。

※ この機能を使って単元を作成できるのは、小中学校の一部の学年および科目のみです。

※ 学習指導要領に合わせた単元の作成は、授業枠作成時に設定する必要があります。

授業作成後の適用はできません。

■ 学習指導要領に対応した単元を作成する

  1. 授業トップページから、「担当授業」のタブをクリック
    ​ 

  2. 右下の青い[+]アイコンをクリック
    ※ 作成済みの授業がない場合は、画面中央[授業を作成する]ボタンからでも可能です

     

  3. [校舎][学年]を表示される選択肢の中から選択
    ※ 校舎は校舎情報が登録されている場合のみ選択できます
    ​ 

  4. [クラス]を、プルダウンで表示される選択肢の中から選択
    ​ 

  5. [科目]を、プルダウンで表示される選択肢の中から選択
    ​ 

  6. 授業名を設定したい場合は任意の授業名を入力
    ※ 授業名は20字以内で入力してください

  7. [学習指導要領に合わせて単元を自動で作成する]のチェックボックスをチェック
    ※ [単元の内容を確認]から、設定される単元名が確認できます

  8. [作成]ボタンをクリック

  9. 単元は、授業作成と同時に、自動で作成される
    ※ 単元名の変更、移動、削除も可能です


■ 単元に対応した課題を作成する

  1. 課題を追加したい授業内の単元を選択し、課題・ルーブリック枠の右にある[+]をクリックする ※ 学年/科目/単元 が絞られた状態で表示されます

  2. 使用するテンプレートが決まったら、該当のテンプレートをクリックし[このテンプレートで作成する]をクリックする

※ 単元名の名前を変更しても、課題テンプレの絞り込みは変わりません。

こちらの回答で解決しましたか?