【はじめに】

こちらのヘルプでは Classi ID連携でClassiNOTEをご利用の場合の年度更新作業について案内しています。

その他の場合、年度更新についてを確認してください。


■ 年度更新とは

スクールタクトでは毎年4月1日に年度が変わります。

年度更新とは、年度替わりの際に、先生 / 生徒アカウントの情報を新しい学年・クラスに合わせて変更等する作業の事を指します。

■ ClassiNOTE側での作業は不要です

Classi ID連携 でClassiNOTEをご利用の場合

Classi側で年度更新の作業を行ってください。ClassiNOTE側での作業は不要です。

新年度に生徒または担任/副担任の先生がClassiNOTEに初回ログインをすることで、更新内容がClassiNOTE側に反映されます。更新作業後でも、初回ログイン前はClassiNOTE側には更新情報が反映されません。

なお、Classi の個人情報ポリシー上、Classi に登録されている氏名は自動連携されません。ClassiNOTE 側に更新情報が反映された後、ClassiNOTE の管理者アカウント(上部が赤色の画面)から生徒の姓名欄への登録をすることで、ClassiNOTE 上で名前を表示することが可能となります。
詳しくはClassiNOTE 基本操作ガイド(PDF)をご覧ください。

(参考:ClassiNOTE ID連携経由でのご利用について

■ 年度更新のタイミングにご注意ください

4月1日以降、Classi側で新年度クラス情報を公開すると、Classi / ClassiNOTE の両方の生徒アカウントからも新年度のクラス情報が確認できるようになります。

特に始業式前に、生徒へ新年度のクラスや担当の先生名を伝えたくない場合は、年度更新や授業の作成のタイミングについて、予めご留意ください。

■ 生徒の登録情報について

生徒の名前や出席番号などをClassiNOTEに登録したい場合、新年度の学年・クラス情報がClassiNOTE側に反映されてから、ClassiNOTEの管理者画面にて更新作業を行ってください。詳しくはそれぞれ以下のページにて案内しています。

連携情報について詳しく確認したい場合

はじめてClassiNOTEの管理者アカウントを利用する場合

管理者アカウントでの更新作業について確認したい場合


■ 年度末・年度始めによくある質問

年度替わりの際に先生よりいただくことが多い質問については、年度替わりによくある質問のページにまとめています。

回答が見つかりましたか?