スクールタクトでは毎年4月1日に年度が替わります。

年度更新とは、年度替わりの際に、先生 / 生徒アカウントの情報を新しい学年・クラスに合わせて変更する等の作業のことです。管理者アカウントより、年度末・年度始めに年度更新の対応をお願いします。


※他サービスとのID連携でご利用いただいている場合

この記事で案内する年度更新作業は不要です。以下の記事をご参照ください。

※なお、チームタクトをご利用の場合、年度更新は対応不要です。

この記事のTopics

  1. 年度更新の流れ

  2. 先生アカウントの追加・修正・アーカイブ

  3. 年度末・年度始めによくある質問


■ 年度更新の流れ

新年度に替わる(4月1日になる)と、生徒カウントの学年・クラスの情報が自動的にリセットされ空白になります。

管理者アカウントより以下の3つの作業を行ってください。

前年度・新年度の情報が混在するのを防ぐため、1→2→3の手順で進めていただくことをおすすめします。

  1. 卒業(転出)処理

  2. 進級処理

  3. 入学(転入)処理

1. 卒業(転出)処理

卒業(転出)生のアカウント情報をアーカイブします。

アーカイブとは生徒の学習ログを残したまま、生徒の使用(ログイン)を停止することです。

アーカイブをすると、以下のような状態になります。

  • 生徒はログインできないが、先生はその生徒の学習ログを閲覧できる

  • アーカイブされているアカウント分の利用料金は発生しない

  • 生徒のデータは残っているので、アーカイブ解除をすると通常のアカウントに戻る

  • アーカイブされているアカウントと同じユーザーIDのアカウントは作成できない

作業方法は、下記ヘルプをご参照ください

 ・CSVで一括処理をする場合:【管理者】アカウントの一括更新

 ・管理画面で個別処理をする場合:【管理者】アカウントのアーカイブ

 

 

2. 進級処理

在校生のユーザ情報を、新年度の学年・クラス等の内容に変更します。

作業方法は下記ヘルプをご参照ください。

 ・CSVで一括処理をする:【管理者】アカウントの一括更新

 ・管理画面上で個別処理をする場合:【管理者】アカウントの個別編集

※ 3月中に新年度の学年・クラスの一括追加・更新を行っても、先生画面から見ることができる過去の授業に特に変化はありません。

※ 来年度の学年・クラス等を更新できるのは1月〜3月の期間です。

 

 

3. 入学(転入)処理

新入(転入)生のユーザ情報を、新たにアカウント登録します。

作業方法は下記ヘルプをご参照ください。

 ・CSVで一括処理をする場合:【管理者】アカウントの新規一括登録

 ・管理画面で個別処理をする場合:【管理者】アカウントの個別登録

※ 来年度の生徒を追加できるのは1月〜3月の期間です。


■ 先生アカウントの追加・修正・アーカイブ

先生アカウントにつきましては、年度による更新などはございません。

修正が必要な際には一括登録・個別登録更新の機能を使って必要に応じてご対応ください。

新規一括登録・個別登録・アーカイブの方法は、生徒アカウントの作業方法と同じです。


■ 年度末・年度始めによくある質問

年度替わりの際に先生よりいただくことが多い質問については、年度替わりによくある質問のページにまとめています。

回答が見つかりましたか?