Admin APIおよび Google Classroom の一部は、 Google Workspace 側でAPIの実行を許可する必要があります。

■ 連携時に必要なOAuthスコープ

スクールタクトは以下のスコープを要求します。

※ スコープの詳細は Google の提供するドキュメントでご確認ください。

■APIの制御の設定方法

  1. Google Workspace の管理コンソールから[セキュリティ]>[API の制御]をクリック

  2. 画面をスクロールし、「ドメイン全体の委任」内の[ドメイン全体の委任を管理]をクリック

  3. ドメイン全体の委任画面に入ったら[新しく追加]をクリック

  4. 「クライアント ID」および「OAuthスコープ」に以下の情報を入力し、[承認]をクリック

  5. 名前が自動的に 「schoolTakt」 となっていることを確認し、スコープが合計14個登録されていることを確認する


    ※ 該当の行をクリックし[詳細を表示]をクリックすると登録内容が見られます。

以上でAPIの制御の設定は完了です。

<OAuthスコープ入力内容>

項目

設定する値

説明

クライアント ID

127783848116-777rl2i2ku0djrhbelj0vt4pm851darr.apps.googleusercontent.com

Google 上でスクールタクトを識別するIDです。本ドキュメントからそのままコピー&ペーストしてください。

※改行が入ってしまった場合、改行なしで入力してください 。

OAuth スコープ

https://www.googleapis.com/auth/userinfo.profile,https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.user.readonly,https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.userschema.readonly,https://www.googleapis.com/auth/classroom.courses,https://www.googleapis.com/auth/classroom.coursework.students,https://www.googleapis.com/auth/classroom.coursework.me,https://www.googleapis.com/auth/classroom.announcements,https://www.googleapis.com/auth/classroom.rosters,https://www.googleapis.com/auth/classroom.profile.emails,https://www.googleapis.com/auth/classroom.profile.photos,https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.user,https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.userschema,https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.orgunit.readonly,https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.domain.readonly

必要となるAPIスコープをカンマ区切りでまとめたものです。本ドキュメントからそのままコピー&ペーストしてください。

※改行が入ってしまった場合、改行なしで入力してください。

回答が見つかりましたか?