この記事のTopics

  1. ログイン方法

  2. アカウント作成・年度更新

  3. 連携するアカウントデータ

  4. その他注意事項


■ ログイン方法

まなびポケット ホーム画面の[スクールタクト]をクリックしてください。

※ スクールタクトに各アカウントがログインすることで、スクールタクトに自動でアカウントが作成(反映)されます。


■ アカウント作成・年度更新

スクールタクト上では、新規のアカウント作成はできません。

必ず、まなびポケットの管理者画面で新規アカウントの追加をし、新規作成したアカウントのまなびポケットホーム画面から、スクールタクトへログインしてアカウントを作成(反映)してください。

学年・クラス変更等の年度更新作業も、まなびポケット側にてお願いします。

(参考:【管理者】年度更新について(まなびポケット連携 の場合)


■ 連携するアカウントデータ

生徒がスクールタクトにログインすると、以下の項目について、まなびポケット上のデータが自動で反映されます。

  • 名前:まなびポケットの「表示名」 が自動で登録

  • 学年:まなびポケットの「学年」の数字が自動で登録

  • クラス:まなびポケットの「クラス」が自動で登録

自動反映されるアカウントデータについて

スクールタクトの「名前」「学年」「クラス」のデータは、まなびポケット側の対応データが変更されると、次回ログイン時にスクールタクトにも変更内容が自動反映される仕組みです。

そのため、スクールタクト側で名前・学年・クラスを変更した場合、まなびポケット側のデータとの相違が発生します。

名前・学年・クラスを変更したい場合には、必ずまなびポケット側で表示名・学年・クラスを変更するようにしてください。

上記以外のアカウントデータについて

自動反映される3つのデータ以外(名前のよみや出席番号など)をスクールタクトに登録したい場合、スクールタクトの管理者画面で登録を行う必要があります。

まなびポケットに管理者アカウントでログインし、ホーム画面からスクールタクトへログインすると、管理者画面での操作が可能です。

アカウント情報の登録・変更の方法については、【管理者】アカウントの一括更新をご確認ください。

管理者からの生徒情報の個別編集について

スクールタクトの仕様では、クラス名は6文字までの字数制限を設けていますが、まなびポケットとの連携により、7文字以上でも登録ができてしまいます。そのため、管理者アカウントにて生徒の個別編集を行なう場合、登録ができない現象が発生します。

CSVを使った一括更新であれば、クラス名が7文字以上のままでもニックネーム・出席番号等の編集が可能です。お手数ですがこちらの方法にてご対応ください。

(参考:【管理者】アカウントの一括更新


■ その他注意事項

授業作成時

以下のような場合、生徒のスクールタクト初回ログインを待ってから再度確認してください。

詳しくは該当のクラス・生徒が表示されないをご確認ください。

  • 授業作成時、該当のクラスが表示されず選択できない

  • クラス指定の授業の受講生に、当該クラスに所属している一部の生徒が表示されない

  • 受講生追加画面やポートフォリオ画面に、新たにアカウント作成した生徒が表示されない

回答一覧画面での並び順

生徒の回答を、名前順(あいうえお順)・出席番号順などにソートしたい場合、スクールタクトに直接データを登録する必要があります。

本ページ内、上記以外のアカウントデータについてを参考にデータ登録を行ってください。

回答が見つかりましたか?