スクールタクトでは、毎年4月1日に年度が変わります。

このページでは、年度替わりの際によくある質問についてご案内します。

管理者アカウントにて、先生 / 生徒アカウントの情報を新しい学年・クラスに合わせて変更する「年度更新」作業については、年度更新についてのページで詳しく案内しています。

この記事のTopics

  1. 生徒のログイン・学年クラス情報について

  2. 新年度の授業・課題の準備について

  3. よくある質問


■ 生徒のログイン・学年クラス情報について

年度替わり前後での生徒のログイン可否や、学年クラスの登録情報は、

管理者アカウントにて年度更新作業を行うタイミングにより、それぞれ以下のようになります。

在校生徒からのログインは、更新作業日に関わらずいつでも可能です。

  • 4月1日以降に年度更新作業を行う場合

  • 3月中に年度更新作業を行う場合

※ 年度更新の作業を行うと、学年クラス情報は変わりませんが、生徒アカウントからも新年度の学年・クラス情報が確認できるようになります。更新作業のタイミングにご留意ください。


■ 新年度の授業・課題の準備について

前年度のあいだは、新年度の授業・課題を準備することはできません。

4月1日以降は、以下のことができます。

  • 新年度に授業・課題を新規で作成する
    (年度更新作業前の場合は、誰でも受講の授業のみ作成可)

  • 前年度の誰でも受講の授業を、新年度に移動する
    (クラス指定の授業は、年度を跨いだ移動はできません)

  • 前年度の授業内の課題を、新年度の授業内に複製する

※ 年度更新作業を3月中に行った場合、4月1日以降は上の表の ”更新作業後” の表記と同じ状況になります。


■ よくある質問

<登録情報・ログイン等について>

<新年度の授業・課題について>

<過年度の授業・課題について>

<転任・異動時の利用について>

※ ここでいう転任・異動とは、

別のスクールタクト環境(ログイン時のURLが異なる)を使っている学校間での異動を指します。
例えば自治体単位など、複数の学校で同じスクールタクト環境を使っている場合にその学校間で異動をする際は、以下の案内には該当しません。

<まなびポケット連携・Classi連携 でご利用の場合>

・・・・・・・・・

<登録情報・ログイン等について>

Q:年度更新が終わると、生徒は新年度のクラス情報を見ることができますか?

A:できません。

ただし、4月1日以降にクラス指定の授業が作成されると、生徒のログイントップ画面に表示され、授業の名前などで確認できます。

Q:年度更新が完了する前でも、ログインはできますか?

A:在籍中の先生、卒業生・在校生はログイン可能です。新規の授業への参加は、誰でも受講の授業であれば可能、既存の授業・課題の閲覧・取り組みは、全ての授業について可能です。

Q:生徒の学年・クラス情報が空欄になっている

A:4月1日以降に年度更新が完了していない場合、生徒の学年・クラス情報がリセットされ空欄になります。

※ まなびポケット連携 / Classi連携の場合、年度更新が完了している場合でも、新年度に生徒(Classi連携の場合は生徒またはクラス担任/副担任)がスクールタクト / ClassiNOTEに初回ログインをするまでは情報が更新されません。

・・・・・・・・・

新年度の授業・課題について

Q:新年度に使用する課題の準備をしたい

A:授業・課題の作成は、現年度でのみ可能です。

前年度中に準備を進めたい場合には、誰でも受講で授業を作成し、4月1日以降に新年度に授業を年度移動させてください。

なお、学年・クラスを指定した授業は、年度移動できませんのでご注意ください。

(参考:授業の設定を変更する

Q:同じ課題を新年度の授業でも配布したい

A:以下の方法いずれかで可能です。

① 対象の課題を課題テンプレートに登録する

配布済の課題をテンプレートとして登録し、新年度にそのテンプレートを使って新規課題を作成してください。

(参考:課題をテンプレートに登録する / 課題テンプレートを使って課題を作成する

② 新年度の授業内に課題を複製する

新年度の授業を作成後、年度表示を切り替えて過年度の授業を開き、対象の課題を複製してください。

(参考:課題を複製する / 先生アカウントのトップ画面

Q:新年度のクラスを指定した授業を作成したいが、作成時のメニューに表示されない

A:新年度のクラスを指定した授業は、4月1日以降かつ年度更新作業後に作成できます。管理者の方へ、年度更新作業の状況をご確認ください。

※ まなびポケット連携 / Classi連携の場合、年度更新が完了している場合でも、新年度に生徒(Classi連携の場合は生徒またはクラス担任/副担任)がスクールタクト / ClassiNOTEに初回ログインをするまでは情報が更新されません。

・・・・・・・・・

過年度の授業・課題について

Q:前年度(またはそれ以前)の授業・課題を見たい

A:トップ画面左上の年度表示プルダウンから、見たい年度を選択することで過去の授業を開くことができます。

※ GIGAスクールパックをご利用の場合、年度替わりに関わらず、6カ月経過した課題は閲覧ができなくなります。一部の課題がグレーになっている場合、その課題は閲覧期限を過ぎています。

(参考:GIGAスクールパックについて

Q:前年度(またはそれ以前)の授業を継続して使用したい

A:4月1日以降は、誰でも受講の授業に限り、過年度の授業を現在の年度に移動できます。移動したい授業の設定メニュ―を開き設定を変更してください。

なお、一度現在の年度に移動した授業は、過年度に戻すことはできませんのでご注意ください。

(参考:授業の設定を変更する

・・・・・・・・・

<転任・異動時の利用について>

※ ここでいう異動とは、別のスクールタクト環境(ログイン時のURLが異なる)を使っている学校間での異動を指します。
例えば自治体単位など、複数の学校で同じスクールタクト環境を使っている場合にその学校間で異動をする際は、以下の案内には該当しません。

Q:前任校で作成したテンプレートは使えますか?

A:公開設定が「学校外へ公開」の課題テンプレートは、全国すべての学校で利用できます。 (参考:課題テンプレートとは

Q:過去に使った課題を異動先の学校でも利用したい

A:課題の複製は、異なる学校間では行うことはできません。

Q:異動する先生が作成した授業・課題を管理したい

A:以下の設定変更は、全授業タブから他の先生・管理者にて行うことができます。

  ・ 授業名の変更、表示名の設定変更

  ・ 授業チャットのロック/ロック解除

  ・ 受講生の追加/削除

  ・ 課題の作成、複製、削除、編集モードの変更

  ・ キャンバス上の書き込みやタイマー等のツール関連の操作

  ・ コメントのロック/ロック解除

なお、授業の削除は、作成した先生アカウントからのみ行えます。

他の先生や管理者からは行うことができません。

※ 異動した先生のアカウントを削除すると、万が一の際にその先生が作成した授業を削除できなくなります。アカウントは極力削除せず、アーカイブしてください。

(参考:複数の先生アカウントで授業を管理・実施する場合

Q:異動する先生が作成したテンプレートについて、編集等の権限を他の先生に引き継ぎたい

A:恐れ入りますが、現在はテンプレートの編集権限を他の先生に移譲することはできません。

編集権限を引き継ぎたい先生が対象のテンプレートを使って新規課題を作成し、その課題を新たにテンプレート登録する方法で対応してください。 なお、未配布の課題でもテンプレート登録は可能です。

(参考:自分以外の人が作った課題テンプレートを編集したい場合

・・・・・・・・・

まなびポケット連携・Classi連携 でご利用の方

Q:年度更新は完了したが、新年度のクラスや生徒が表示されない・選択できない
Q:学年・クラス指定の授業に、一部の生徒が受講生として追加されない

A:それぞれ以下の際に、生徒の年度更新後の登録データが反映されます。

詳細や対処法については、該当のクラス・生徒が表示されないをご確認ください。

(まなびポケット連携の場合)

 ・生徒本人がスクールタクトに初回ログインをした際

(Classi連携の場合)

 ・ 生徒本人がClassiNOTEに初回ログインをした際

 ・ 担任の先生がClassiNOTEに初回ログインをした際

 ・ 副担任の先生がClassiNOTEに初回ログインをした際

回答が見つかりましたか?