管理者にて必要な設定を行っていただくことで、Google Workspaceとスクールタクトを連携してご利用いただくことが可能です。

連携利用に設定につきましては、あらかじめ管理者での各種設定が必要です。

詳しい連携については、Google Workspace 連携の流れを確認してください。

この記事のTopics

  1. Google Workspace連携の特徴

  2. ログイン方法

  3. 注意事項


■ Google Workspace連携の特徴

スクールタクトで作成した授業や課題がGoogle Classroomに反映されます。また課題配信や添削、コメントなどの操作がGoogle Classroom上に通知されます。これにより、コメントや提出の状況を、簡単に把握することができるようになります。


■ ログイン方法

ログイン画面に表示されている[Google Workspaceでログイン]のボタンをクリックするだけで、簡単にスクールタクトにログインできます。

  1. ご利用環境のURL( https://登録されたグループID.schooltakt.com )にアクセスしてください。
     

  2. [Google Workspaceでログイン]を押します。

※ ボタンが表示されない場合、Google Workspaceとの連携が正常に完了していません。管理者権限をお持ちの方へ状況を確認してください。


■ 注意事項

※ Google Classroom連携について

スクールタクト上で授業作成・課題が作成された際に、Google Classroom側に反映する機能です。即時反映ではなく、反映にお時間をいただく場合がございます。
また、現在Google Classroom連携機能はベータ版です。

※ マイアカウント設定からの情報編集・先生での生徒情報編集について

先生・生徒が「マイアカウント設定」メニューから変更した氏名などのアカウント情報は、Google Workspace 側には反映されません。そのため、次回ログイン時には、変更した内容が削除されてしまいます(ログイン時にGoogle Workspace 側の登録情報に上書きされるため)。

アカウント情報を変更したい場合には、管理者権限で行える外部IdP連携時のアカウント一括更新の方法で変更してください。

※ SSO連携サービス設定時の注意事項

Google Workspace for EducationおよびGoogle Classroomは弊社サービスではありませんので、本サービスとのSSO連携に関する設定はお客様に行っていただく必要がございます。またSSO連携のご利用にあたっては以下注意事項への同意をお願いします。

・スクールタクトとのSSO連携に関する連携元サービス側の設定および障害に関しては弊社サポート対象外となります。

・連携元サービスに関するご質問は各製品販売元にお問い合わせください。

Google for Education、Google Workspace for Education Fundamentals、Google Chrome OS、Classroom API、Google Classroom、Chromebook、Chrome Education Upgrade は、Google LLC の登録商標または商標です。

回答が見つかりましたか?